トップへ戻る
北海道大学
水産学部
水産庁
水研センター
北海道水研
東北水研
日水研
中央水研
遠水研
瀬戸内水研
プランクトン学会
海洋学会
JAMSTEC
JODC
NODC
WHOI
東北大院農学
東大海洋研
◆愛媛大院農学
広大海洋生態





 

 


2018年度 プランクトン教室ゼミ要旨集
(pdf形式 ↑New, ↓Old)

 
7月
23日
Effect of ice algal community on the increase of chlorophyll a concentration during spring in coastal water of the Sea of Okhotsk.
春季のオホーツク海沿岸域におけるクロロフィルa濃度の増加にアイスアルジー群集が与える影響
松本
卓真
7月
23日
Can different mesh sizes affect the results of copepod community studies?
異なるメッシュサイズはカイアシ類群集の研究結果に影響を与えうるか?

斉之
7月
23日
Sensory capabilities and food capture of two small copepods, Paracalanus parvus and Pseudocalanus sp.
小型カイアシ類Paracalanus parvusPseudocalanus sp.における感覚能力と餌捕集
米田
壮太
7月
9日
Jellies under ice: ROV observations from the Arctic 2005 hidden ocean expedition.
海氷下のクラゲ類: ROVを用いた2005年北極海での探索観察
前角地
毬衣
7月
9日
Monitoring of algicidal bacterium, Alteromonas sp. strain A14 in its application to natural Cochlodinium polykrikoides blooming seawater using fluorescence in situ hybridization.
Cochlodinium polykrikoides優占の自然海水における蛍光in situハイブリダイゼーションを用いた殺藻細菌Alteromonas属A14株の動態のモニタリング
児玉
7月
2日
Microalgal–meiofaunal interactions in a sublittoral site of the Gulf of Trieste (northern Adriatic Sea, Italy): A three–year study
イタリア北アドリア海トリエステ湾潮下帯域における 周年調査に基づいた微細藻類–メイオファウナ間の相互作用について
赤穂 那海
7月
2日
Copepod dynamics across warm and cold periods in the eastern Bering Sea: Implications for walleye pollock (Gadus chalcogrammus) and the Oscillating Control Hypothesis
東部ベーリング海における温暖期と寒冷期のカイアシ類の変動: スケトウダラ (Gadus chalcogrammus) への影響と振動支配仮説
引地
7月
2日
Comparison of two plankton net mesh sizes for ichthyoplankton collection in the northern Gulf of Mexico
メキシコ湾北部の魚類プランクトン採集における 2つのプランクトンネットメッシュサイズの比較

斉之
6月
18日
The seasonal succession of zooplankton in the Southern Ocean south of Australia, part II : The Sub-Antarctic to Polar
南極海オーストラリア南部海域における動物プランクトンの季節遷移 Part II 亜南極から南極前線海域にかけて
杉岡
陸人
6月
11日
Seasonal changes of planktonic copepods collected as swimmer by sediment traps in the eastern Fram Strait.
東部フラム海峡に係留したセジメントトラップにスウィマーとして捕集された 浮遊性カイアシ類の季節変化に関する研究 (研究紹介)
徳弘航季  
6月
6日
High number of diatom species in first-year ice from the Chukchi Sea
チャクチ海の一年氷における多様な珪藻類
深井
悠里
6月
6日
Seasonal changes of primary production in the southwestern Okhotsk Sea off Hokkaido, Japan during the ice-free period
開放水面期のオホーツク海南西部における基礎生産量の季節変化
松本
卓真
5月14日  Spatial heterogeneity in zooplankton summer distribution in the easternChukchi Sea in 2012–2013 as a result of large-scale interactions of water masses
2012–2013年夏季の東部チャクチ海における 動物プランクトン群集の不均一分布と水塊構造との関係
木村
文彦 
5月14日  Distribution in the abundance and biomass of shelled pteropods in surface waters of the Indian sector of the Antarctic Ocean in mid-summer
夏季の南極海インド洋区における有殻翼足類の出現個体数とバイオマスの分布
佐藤
直 
5月14日 Spatio-temporal variability of zooplankton community structure off east Antarctica (90 to 160 °E)
東南極沖における動物プランクト群集構造の時空間変化
杉岡
陸人
5月7日 粒子食性カラヌス目カイアシ類の餌捕集様式の分類群間比較 米田壮汰
5月7日 The diversity, abundance and fate of ice algae and phytoplankton in the Bering Sea
ベーリング海におけるアイスアルジーおよび植物プランクトンの多様性, 分布および動態
深井
悠里
4月16日  西部北極海における動物プランクトン群集の空間変動の推定および予測:GDMによる解析 (研究紹介) 松野孝平


2017年度版はこちらから
2016年度版はこちらから
2015年度版はこちらから
2014年度版はこちらから
2013年度版はこちらから

2012年度版はこちらから
2011年度版はこちらから
2010年度版はこちらから
2009年度版はこちらから
2008年度版はこちらから
2007年度版はこちらから
2006年度版はこちらから
2005年度版はこちらから
2004年度版はこちらから
2003年度版はこちらから
2002年度版はこちらから

 Copyright 2003 Plankton Laboratory 

Google