北海道大学
水産学部
水産庁
水研センター
北海道水研
東北水研
日水研
中央水研
遠水研
瀬戸内水研
プランクトン学会
海洋学会
JAMSTEC
JODC
NODC
WHOI
東北大院農学
東大海洋研
◆愛媛大院農学
広大海洋生態





 

 

ArCS博士研究員 阿部義之 (あべよしゆき)
〜About me〜

●学歴
  2016/03       北海道大学大学院 水産科学院
               海洋生物資源科学専攻 博士過程修了(水産学博士)

  2013/03        北海道大学大学院 水産科学院
               海洋生物資源科学専攻 修士課程修了

  2011/03       北海道大学 水産学部
               海洋生物科学科 卒業

●職歴
  2016/04-      北海道大学大学院水産科学研究院
                  ArCS(北極域研究推進プロジェクト)博士研究員

  2013/04-2016/03 日本学術振興会 特別研究員(DC1
                「親潮域の春季植物プランクトンブルーム期における
                       動物プランクトン群集の生態に関する研究」

●所属学会
日本海洋学会
日本プランクトン学会
ヤムシ研究集会


〜業績リスト(発表論文)〜

1. Abe, Y., K.-i. Ishii, A. Yamaguchi and I. Imai (2012) Short-term changes in population structure and vertical distribution of mesopelagic copepods during the spring phytoplankton bloom in the Oyashio region. Deep-Sea Research I 65: 100-112.

2. Abe, Y., M. Natsuike, K. Matsuno, T. Terui, A. Yamaguchi and I. Imai (2013) Variation in assimilation efficiencies of dominant Neocalanus and Eucalanus copepods in the subarctic Pacific: Consequences for population structure models. Journal of Experimental Marine Biology and Ecology 449: 321-329.

3. 塩田知也・阿部義之・齋藤 類・松野孝平・山口 篤・今井一郎 (2013) 光学式プランクトンカウンターによる北太平洋外洋域における動物プランクトン群集の空間変動解析. 北大水産彙報 63: 13-22.

4. Arima, D., A. Yamaguchi, Y. Abe, K. Matsuno, R. Saito, H. Asami, H. Shimada and I. Imai (2014) Seasonal changes in zooplankton community structure in Ishikari Bay, Japan Sea. Bulletin of Fisheries Sciences, Hokkaido University 64: 17-23.

5. Arima, D., A. Yamaguchi, Y. Abe, K. Matsuno, R. Saito, H. Asami, H. Shimada and I. Imai (2014) Seasonal changes in body size and oil sac volume of the three planktonic copepods, Paracalanus parvus (Claus, 1863), Pseudocalanus newmani Frost, 1989 and Oithona similis (Claus, 1866), in a temperate embayment: what controls their seasonality? Crustaceana 87: 364-375.

6. Yamaguchi, A., K. Matsuno, Y. Abe, D. Arima and K. Ohgi (2014) Seasonal changes in zooplankton abundance, biomass, size structure and dominant copepods in the Oyashio region analysed by an optical plankton counter. Deep-Sea Research I 91: 115-124.

7. Abe, Y., A. Yamaguchi, K. Matsuno, T. Kono and I. Imai (2014) Short-term changes in the population structure of hydromedusa Aglantha digitale during the spring phytoplankton bloom in the Oyashio region. Bulletin of Fisheries Sciences, Hokkaido University 64: 71-81.

8. Sato, K., K. Matsuno, D. Arima, Y. Abe and A. Yamaguchi (2015) Spatial and temporal changes in zooplankton abundance, biovolume, and size spectra in the neighboring waters of Japan: analyses using an optical plankton counter. Zoological Studies 54:18 doi:10.1186/s40555-014-0098-z.

9. Abe, Y., Y. Yamada, R. Saito, K. Matsuno, A. Yamaguchi, K. Komatsu and I. Imai (2016) Short-term changes in abundance and population structure of dominant pelagic amphipod species in the Oyashio region during the spring phytoplankton bloom. Regional Studies in Marine Science 3: 154-162.

10. Abe, Y., H. Miyamoto, R. Saito, K. Matsuno, A. Yamaguchi and I. Imai (2016) Comparative ecology of three dominant pelagic chaetognaths (Eukrohnia hamata, Parasagitta elegans, Pseudosagitta scrippsae) in the Oyashio region during the spring phytoplankton bloom. Regional Studies in Marine Science 8: 122-132.

11. Matsuno, K., Y. Abe, A. Yamaguchi and T. Kikuchi (2016) Regional patterns and controlling factors on summer population structure of Calanus glacialis in the western Arctic Ocean. Polar Science 10: 503-510.

12. Abe, Y. (2016) Ecological study on the zooplankton community in the Oyashio region during the spring phytoplankton bloom. Memoirs of the Faculty of Fisheries Sciences, Hokkaido University 58: 13-63.

13. Yamaguchi, A., K. Matsuno, Y. Abe, D. Arima, I. Imai (2017) Latitudinal variations in the abundance, biomass, taxonomic composition and estimated production of epipelagic mesozooplankton along the 155°E longitude in the western North Pacific during spring. Progress in Oceanography 150: 13-19.

14. Nakamura, A., K. Matsuno, Y. Abe, H. Shimada and A. Yamaguchi (2017) Length-weight relationships and chemical composition of the dominant mesozooplankton taxa/species in the subarctic Pacific, with special reference to the effect of lipid accumulation in Copepoda. Zoological Studies 56: 13, doi:10.6620/ZS.2017.56-13.

15. Tomiyama, K., K. Matsuno, Y. Abe, H. Shimada and A. Yamaguchi (2017) Inter-oceanic differences in macrozooplankton biomas and community structure in four regions around Hokkaido Island, Japan: consequences for marine ecosystem structure. Bulletin of Fisheries Sciences, Hokkaido University 67: 25-34.

〜学会発表等〜

1. 山口篤、松野孝平、阿部義之、今井一郎 西部北太平洋155E線に沿った春季動物プランクトン群集構造の緯度および経年変化(2002-2011年)、2011年度水産海洋学会研究発表大会、P21、函館市公民館(函館市)、2011年11月(ポスター発表 査読なし)

2. 阿部義之、山口篤、今井一郎 春季植物プランクトンブルーム期における中層性カイアシ類の個体群構造と鉛直分布の短期変動、2012年度日本プランクトン学会・日本ベントス学会合同大会、 A06AM04、東邦大学理学部キャンパス(千葉県)、2012年10月(口頭発表 査読なし)

3. 川口まりえ、山口篤、斉藤類、阿部義之、今井一郎 外洋域と沿岸域に生息する殺藻細菌の比較に関する研究、2012年度日本プランクトン学会・日本ベントス学会合同大会、 A07PM03、東邦大学理学部キャンパス(千葉県)、2012年10月(口頭発表 査読なし)

4. Atsushi Yamaguchi, Kohei Matsuno, Yoshiyuki Abe and Ichiro Imai
Interannual/latitudinal variations in abundance, biomass, community structure and estimated production of epipelagic mesozooplankton along 155oE longitude in the western North Pacific during spring. PICES 2012 Annual Meeting, S12-1, October 12-21, 2012 Hiroshima, Japan (ポスター発表 査読あり)

5. Yoshiyuki Abe, Masafumi Natsuike, Kohei Matsuno, Atsushi Yamaguchi and Ichiro Imai
Variability in assimilation efficiency of the copepod Neocalanus cristatus: Effect of food. PICES 2012 Annual Meeting, BIO-P-22, October 12-21, 2012 Hiroshima, Japan (ポスター発表 査読あり)

6.  阿部義之、夏池真史、松野孝平、照井健史、山口篤、岸道郎、今井一郎 北太平洋亜寒帯域に優占する大型外洋性カイアシ類の同化効率に関する研究 2013年度日本プランクトン学会・日本ベントス学会合同大会、B-11、東北大学大学院農学研究科・農学部雨宮キャンパス(宮城県仙台市)、2013年9月(口頭発表 査読なし)

7. Abe, Yoshiyuki, Masafumi Natsuike, Kohei Matsuno, Takeshi Terui, Atsushi Yamaguchi and Ichiro Imai
Variation in assimilation efficiencies of dominant Neocalanus and Eucalanus copepods in the subarctic Pacific: consequences for population structure models. PICES 2013 Annual Meeting, BIO-P-8902, October 11-20, 2013 Nanaimo, BC, Canada (口頭発表 査読あり)

8. Arima, Daichi, Atsushi Yamaguchi, Yoshiyuki Abe, Kohei Matsuno, Rui Saito, Hiroaki Asami, Hiroshi Shimada and Ichiro Imai
Seasonal changes in zooplankton community in Ishikari Bay, Japan Sea. PICES 2013 Annual Meeting, BIO-P-P4, October 11-20, 2013 Nanaimo, BC, Canada (ポスター 査読あり)

9. 阿部義之、山口 篤、河野時廣、松野孝平、今井一郎 西部北太平洋親潮域の春季ブルーム期におけるヒドロクラゲ類Aglantha digitaleの個体群構造の短期変動 日本海洋学会2014年度春季大会、311、東京海洋大学品川キャンパス(東京都)、2014年3月(口頭発表 査読なし)

10. 有馬大地、山口篤、阿部義之、松野孝平、野別貴博、今井一郎 知床羅臼深層水により採集された動物プランクトン群衆の季節変化:優占カイアシ類Metridia属2種の個体群構造 日本海洋学会2014年度春季大会、P16、東京海洋大学品川キャンパス(東京都)、2014年3月(ポスター発表 査読なし)

11. Yamaguchi, Atsushi, Kohei Matsuno, Daichi, Arima, Yoshiyuki Abe,
Characteristics of the planktonic copepod community of the Okhotsk Sea in autumn: a comparison with the Oyashio region. 12th International Conference on Copepoda in Korea, PP-02, July 2014, Seoul, Korea(口頭発表 査読あり)

12. Arima, Daichi, Atsushi Yamaguchi, Yoshiyuki Abe , Kohei Matsuno, Takahiro Nobetsu, Ichiro Imai,
Seasonal changes in gential system and reproductive biology of the planktonic calanoid copepods Metridia okhotensis Brodsky, 1950 and Metridia pacifica Brodsky, 1950. 12th International Conference on Copepoda in Korea, PP-05, July 2014, Seoul, Korea(口頭発表 査読あり)

13. 有馬大地、山口篤、阿部義之、松野孝平、野別貴博、今井一郎 知床羅臼深層水により採集された動物プランクトン群衆の季節変化:優占カイアシ類Metridia属2種の個体群構造 2014年度日本プランクトン学会・日本ベントス学会合同大会、5P0945、広島大学東広島キャンパス(広島県)、2014年9月(口頭発表 査読なし)

14. 阿部義之、山口 篤、山田雄一郎、松野孝平、今井一郎 西部北太平洋親潮域の春季ブルーム期における端脚類(Cyphocaris challengeri、Primono abyssalisおよびThemisto spp.)個体群構造の短期変動 2014年度日本プランクトン学会・日本ベントス学会合同大会、5P1100、広島大学東広島キャンパス(広島県)、2014年9月(口頭発表 査読なし)

15. 山口篤、佐藤楓、有馬大地、阿部義之、松野孝平、今井一郎 光学式プランクトンカウンターを用いた日本近海における動物プランクトンサイズ分布の解析 2014年度日本プランクトン学会・日本ベントス学会合同大会、P12、広島大学東広島キャンパス(広島県)、2014年9月(ポスター発表 査読なし)

16. Yoshiyuki Abe, Atsushi Yamaguchi, Yuichiro Yamada, Kohei Matsuno, Rui Saito, Hiromichi Ueno, Kosei Komatsu, Takashi Setou, Manabu Shimizu and Ichiro Imai
Responses in macrozooplankton population to water mass exchange and the spring phytoplankton bloom in the Oyashio region PICES 2014 Annual Meeting, BIO-P-P4, October 11-20, 2014 Yoesu, Korea (口頭発表 査読あり)

17. 阿部義之、宮本洋臣、松野孝平、山口篤、今井一郎
西部北太平洋親潮域の春季ブルーム期における浮遊性ヤムシ類(Eukrohnia hamata, Parasagitta elegansおよびPseudosagitta scrippsae)生態の短期変動 2015年度日本プランクトン学会・日本ベントス学会合同大会、A03PM07、北海道大学札幌キャンパス(北海道)、2015年9月(口頭発表 査読なし)

18. Yoshiyuki Abe, Yoshizumi Nakagawa, Atsushi Yamaguchi and Ichiro Imai
Feeding ecology of two euphausiids Euphausia pacifica and Thysanoessa inspinata in the Oyashio region during spring phytoplankton bloom. The 31st International Symposium on Okhotsk Sea and Sea Ice 2016, G-3, February 21-24, 2016 Monbetsu, Japan (口頭発表 査読あり)

19. Yoshiyuki Abe, Atsushi Yamaguchi, Toru Kobari, Babara Niehoff, Atsushi Tsuda and Ichiro Imai,「Weight-specific growth rates of large-sized oceanic copepods during phytoplankton bloom」2016 Ecosystem Studied of Sub-Arctic and Arctic Seas (ESSAS) Annual Science Meeting, Day3-02, March, 7-9, 2016, Yokohama, Tokyo,(口頭発表 査読有り)

20. 松野孝平、阿部義之、山口 篤、菊池 隆 西部北極海における主要カイアシ類Calanus glacialis個体群に及ぼす環境要因 日本海洋学会2016年度春季大会、16S01-P07、東京大学本郷キャンパス(東京都)、2016年3月(ポスター発表 査読なし)

21.  阿部義之、中川至純、山口 篤、今井一郎 西部北太平洋親潮域の春季ブルーム期におけるオキアミ類2種: Euphausia pacificaおよびThysanoessa inspinataの消化管内容物解析 日本海洋学会2016年度春季大会、16S26-P16、東京大学本郷キャンパス(東京都)、2016年3月(ポスター発表 査読なし)


〜学会関係の受賞〜
北海道大学院水産科学院佐々茂雄賞 受賞
(2013年3月28日、北海道大学)

PICES(北太平洋海洋科学機構)ベストポスタープレゼンテーションアワード(生物海洋学分野)受賞 (共著)
(2013年10月18日 カナダ、ブリティッシュコロンビア州、ナナイモ)


研究テーマ
研究テーマの解説
出身地 東京都
ニックネーム あべちゃん、あべっち、べっちetc
座右の銘 負けじ魂
趣味 スキー、釣り、映画鑑賞、音楽を聞く
好きな場所 実家のソファー
好きなお茶・お酒 紅茶
連絡先 y.abe◎fish.hokudai.ac.jp   (◎をアットマークに変えてください)
一言 全力で全てに挑戦していきます!

Copyright 2003 Plankton Laboratory
北海道大学大学院 水産科学研究科 多様性生物学講座(プランクトン教室)

  

Google